金沢の坂道コラム

地勢と坂の名 ― 金沢の坂道に見るずれ

坂の名の由来には地勢と関わっているものが多い。坂の語源が「境」にあるとすれば自然なことと言える。ただ、地勢の変化に坂名が伴わず、ずれが生じているものもある。金沢の坂道に、坂と人が織りなす合縁奇縁を見る。


『加越能の地名』No53(加越能地名の会2019.4.1発行)寄稿

その1 亀坂消え、御小屋坂と混同


緩やかな凹みが残る亀坂。右側の道は御小屋坂へ下りる


亀坂(がめざか)を坂と判別するのは難しい。湯涌街道(野田・上野町線)にあった深さ8mもの谷が埋め立てられたからである。下りて上る、それが亀坂だった。坂が消えたため、下をくぐる御小屋坂を亀坂と思っている人が多い。

湯涌街道は小立野通り(金沢・湯涌・福光線)ができるまでは小立野台のメーンストリートだった。戸室山から伐り出した巨石を金沢城まで運んだ1593年(文禄2)ごろ、亀坂は延長11kmに及ぶ運搬路の最後の難関だった。群がり、亀のようにはいつくばって石を曳く人足たちの姿が想像できる。明治に入っても急坂は変わらず、坂下には荷車を押す〝押し屋〟がいた。坂が埋め立てられるのは1913年(大正2)。道は平になる。

72年(昭和47)、亀坂に通学路のトンネルが貫通、谷間を削っていた川(辰巳用水の分流)と亀坂は立体交差する。川沿いの道は、笠舞に設けられた困窮者のための救護施設「非人小屋」につづく御小屋坂。消えた亀坂に替わって、御小屋坂が〝ポスト亀坂〟に浮上する。坂でなくなった亀坂に坂標が建っている。ここが亀坂だと主張しているようである。

その2 W坂は新坂、先代の吹屋坂は「渡場道」


元祖W坂の吹屋坂。行き交う人びとと渡し舟(『金沢城下図屏風』)


W坂は幕末期に寺町台に切り開かれた新坂で、元は現在地より30mほど上にあった。坂上は石伐職人の住んだ石伐町(寺町3丁目)。そこから犀川へ下りるのがW坂の〝先代〟吹屋坂。

金澤古蹟志の森田平次が延宝金沢図から写した「二十人石伐」の絵がある。野田往還(寺町通り)の本因寺の東側小路を入って右折、二十人組が9人と11人に分かれて向き合う組地を抜けると、崖を下りる坂道(現在は石段)に出る。これが石伐坂から名が変わった吹屋坂。泉野町絵図には「渡場道(わたしばみち)」とある。坂下に渡し舟の舟着き場があった。1865年(慶応元)、この西側に新坂ができ、同時に新坂と野田往還をつなぐ桜坂ができる。

なぜ新坂がつくられなければならなかったのか。そこに橋ができたからである。橋は有料の一文橋として、舟着き場の下流側に架けられた。現在の桜橋近くである。一文橋の詰めから往還へ直近で上る新たな坂が必要になった。新坂が開かれ、賑わいは新坂へ移る。呼び寄せられるように吹屋坂の名も移り、新坂が吹屋坂と呼ばれるようになる。元の吹屋坂は名が消える。


その3 白山坂・二十人坂は昭和の坂


白山坂に残る大型防空壕の跡


二十人坂の陸橋は建造から80年


白山坂は「白山(しらやま)」を山号とする波着寺にちなむ白山町、二十人坂は鉄砲足軽二十人組の住む二十人町に由来する。波着寺は1619年(元和5)の建立、二十人組は1584年(天正12)の発足。このためか、勘太郎川を挟んで隣合う2つの坂はともに藩政時代からあると思われがちであった。


坂の完成は白山坂が1934年(昭和9)、二十人坂が39年(同14)である。小立野台の南側、崖は永く人びとの往来を阻んでいた。大陸の不穏な空気が様相を一変させる。満州事変(31年=同6)に端を発する15年戦争。台地に陸軍練兵場ができ、第9師団のある対岸寺町台と犀川を越えて結ぶ連絡道が必要になった。2つの坂は崖を突き崩して造成された。

軍靴の音を覚えている人がいる。白山坂には大型防空壕の跡がある。一本松町、揚地町をまたぐ二十人坂の2つの陸橋はトーチカを思わせる頑丈さだ。大型車両を通すため、坂は一方通行で役割分担する。寺町台へは、白山坂を下り上菊橋を渡って不老坂を上った。寺町台からは、長良坂(現在は歩行者専用)を下り下菊橋を渡って二十人坂を上った。住居表示の変更で2つの坂はともに石引2丁目になる。


あわせて読みたい

地勢の変化と坂の名 ― 「坂道出典年表」改訂Ⅱ

地勢の変化と坂の名 ― 「坂道出典年表」改訂Ⅱ

旧四高生が名付け親というW坂、城づくりの巨岩を運び上げた亀坂、昔からあったような白山坂・二十人坂。それぞれに画期的な出来事があった。年表を手直しするにあたり、もう一度、足もとを見つめる。

コラムを読む

亀坂周辺を歩く-その2 線香坂・鶯坂

亀坂周辺を歩く-その2 線香坂・鶯坂

亀坂の周辺には、新しい道が開通して、そのために消えてしまった坂がある。一方で、観光とは無縁の、日々の暮らしに欠かせない坂、街並みに合わせた新しい坂がある。どっこい生きていた、線香坂と鶯坂―。

コラムを読む

亀坂周辺を歩く-その1 御小屋坂はどこだ

亀坂周辺を歩く-その1 御小屋坂はどこだ

亀坂付近を歩いていて、いろんな坂に出くわした。御小屋坂はその一つ。ただ、亀坂と連結している点で、筆者にとっては大発見のことがわかった。御小屋坂は本来、亀坂と直結していた―。

コラムを読む

亀坂は90°方向転換した

亀坂は90°方向転換した

亀坂は小立野台から笠舞へ下りる坂だとばかり思っていた。それにしても、築城のための戸室石をなんで笠舞まで下ろし、また引き上げたのか。台地上の旧湯涌街道をそのままくればよかったのに…。

コラムを読む

懐旧の「大林区の坂・本覚坂」

懐旧の「大林区の坂・本覚坂」

「坂、坂、坂ってぇーけどそれがどうしたってんでぃ。こちとら上も下も真ん中も坂だらけでぃ。もっとも名めぇなんてねぇザコみてぇな坂ばっかしだけどよぉ。いけねぇってんかい。ってやんでぃ。べらぼうめ」

コラムを読む

桜坂物語 - 段丘の有為転変

桜坂物語 - 段丘の有為転変

「城中花見の場」として桜畠は造成された。いまでもそれは楽しめるのか。そんな思いで桜の季節、金沢城本丸につづく辰巳櫓(やぐら)跡に足を運んだ。眺めはまことに結構なのだが、肝心のサクラがないっ!

コラムを読む

W坂は西へ移動した - 地誌と古地図から確かめる

W坂は西へ移動した - 地誌と古地図から確かめる

W坂は幕末期に切り開かれた「新坂」で、もともとは少し上ったところにある「名無し坂」が本来のW坂だった。W坂は、石伐坂、清立寺坂などの名を経て、吹屋坂と呼ばれたころにそばに新坂ができて、そちらへ乗り移る―。

コラムを読む

改訂:坂道出典年表 ― 見えてきた金沢の形成過程

改訂:坂道出典年表 ― 見えてきた金沢の形成過程

金沢の坂道の全体像をつかむよすがとして昨年4月、「坂道出典年表」を作成しました。今回はその改訂版です。この9ヵ月の間に知り得た情報を盛り込み、一部坂名を追加するなど手直ししました。「坂」から見た金沢の側面です。

コラムを読む

蛤坂「毒消しゃいらんかね」物語

蛤坂「毒消しゃいらんかね」物語

蛤坂の名は、閉ざされていた道が大火のあと一気に開通したことから、あぶられて口を開けた焼きハマグリに例えてつけられた。それまでの妙慶寺坂にとって代わるほどのインパクトがあった。永い間待たされた町人の毒気(憤懣)も匂っている。

コラムを読む

坂の名と地名 ― そのはざまで考える

坂の名と地名 ― そのはざまで考える

坂学会の「金沢巡検」に同行したのは一年前。一行の研究意欲に刺激され、また、加越能地名の会に発表の場を与えられたこともあって、その後「坂道出典年表をつくる」(4月)、「『坂学』を考える―坂学会<俵アーカイヴ>を中心に」(5月)、「先人の足音―金沢の地名と坂」(6月)の三編をまとめた。本稿は集約したものである。

コラムを読む

先人の足音 ― 金沢の町名と坂

先人の足音 ― 金沢の町名と坂

坂の名が町名になった町がある。町の名が坂名になった坂がある。町を歩くときの道しるべ(標)でもあった町名と坂名には、地名としての関わりがあった。文化遺産である町名と坂名に先人の足音を聞く。

コラムを読む

「坂学」を考える ― 坂学会<俵アーカイヴ>を中心に

「坂学」を考える ― 坂学会<俵アーカイヴ>を中心に

「坂の研究とはすなわち坂名の研究である」とは、わが国「坂学」研究の先駆け・横関英一氏(1900-1976)の言。俵元昭氏(1929~)は文献から、坂名に「時代別の分類」を加えた。―坂学のいま、について考えた。

コラムを読む

坂道出典年表をつくる

坂道出典年表をつくる

坂の名前に関する記述が、文献に初めて出てきたのはいつか―。金沢の坂道の全体像をつかむよすがとして「坂道出典年表」を作成しました。まだまだ未完です。同好の士のご指摘・ご叱責をいただき、よりよいものに仕上げていきたいと考えています。

コラムを読む

幻と化すか「善光寺」 ― 坂から学ぶ地名考事始め

幻と化すか「善光寺」 ― 坂から学ぶ地名考事始め

「幻の『善光寺』を追う」(2月)のタイトルでその由来を書き始め、番外編の「坂は人と人を繋ぐ」(6月)まで、都合7回にわたって本欄に掲載した善光寺坂。連載を通じて感じたことを加越能地名の会の機関紙「加越能の地名」No46に書いた。

コラムを読む

フリーペーパー『RINNGO』最新号の特集内に金沢の坂道を取り上げた経緯を編集部の3人にお聞きしてきた。

フリーペーパー『RINNGO』最新号の特集内に金沢の坂道を取り上げた経緯を編集部の3人にお聞きしてきた。

金沢美術工芸大学の学生有志により発刊しているフリーペーパー『RINNGO』、最新号では特集内に金沢の坂道が取り上げられている。編集部の3人に最新号のテーマ、坂道を取り上げた経緯をお聞きしてきた。

コラムを読む

[AD]