金沢の坂道コラム

坂道出典年表をつくる

中2のときにつくった歴史年表が手もとにある。60年も前のものだから、つぎ合わせた西洋紙(和紙のゴツゴツに対しスベスベの紙。当時はそう呼んだ)は変色してボロボロだ。歴史上の人物の似顔絵が描き込まれている。漫画家志望だったから絵は好きだった。この辺りから歴史好きになったような気がする。

【追記】2017年1月30日 坂道出典年表 改訂版を公開しました。

中世以前に坂に名はなかった

HP『金沢の坂道』にコラムを書き始めて一年が過ぎた。坂と人との関わりについていろいろ書いてきたが、ここへ来て、それは一体いつごろから始まったものなのだろうと考えるようになった。坂は地球の皴(しわ)という。とすれば、人類発祥以前に坂はあったことになる。それも相当、前からだ。人は坂を上り、坂を下りて生きてきた。

ところが、斯道の権威・俵元昭氏(東京地縁社会史研究所理事長)によると、東京の坂に名前が付けられた時期、つまり坂名が誕生したのは近世に入って、それも17世紀後半からだという。東京は徳川家康が入る中世までは小集落とわずかな道しかなかった。ことしは家康がこの世を去って401年目である。人と坂のつきあいは、人類の歴史のなかではそれほど長いわけではない。

永井荷風は『日和下駄』(1915)に「坂はすなわち平地に生じた波瀾(はらん)である」と書く。ひたひたと寄せてきた波瀾が今日、われわれに見せるのは眺望だ。戦後しばらく、金沢で過ごした宮本三郎画伯は「土地の高低が備える気品」と金沢の街の魅力を評している。縦の系譜である「波瀾」と横の展開である「眺望」を結ぶものはなにか。年表だ。坂の名前に関する記述が、文献に初めて出てきたのはいつか―。坂名の初出をたどれば当時の様相が分かるかもしれない。初出をつなぐことで時の流れが見えてくるかもしれない。年表づくりはものごとに興味を持つときのスタートだ。

坂名はインフラの一つ

「それは一口にいうと坂名も水道などのような都市のインフラストラクチャー(ライフラインにも似た都市生活の必要構成要素)であり、民生生活からいうと幕府の市街行政の欠陥の、住民側からの自発的補完であるということだった」。絵図や多様な史料から坂名の初出を求め、自らも年表をつくるなかで俵氏は説いている。町名のなかったころ、道標の役割を果たしたのは坂だった。橋であり、寺社でもあった。だから「坂名のできてゆく順序には必然性と法則性がある」という。金沢の坂で探り当てられれば、それに越したことはない。


坂道出典年表

金沢の坂道の全体像をつかむよすがとして「坂道出典年表」を作成しました。まだまだ未完です。同好の士のご指摘・ご叱責をいただき、よりよいものに仕上げていきたいと考えています。


坂道出典年表

ファイルを開く

坂道出典年表(PDFファイル:143 KB)


あわせて読みたい

改訂:坂道出典年表 ― 見えてきた金沢の形成過程

改訂:坂道出典年表 ― 見えてきた金沢の形成過程

金沢の坂道の全体像をつかむよすがとして昨年4月、「坂道出典年表」を作成しました。今回はその改訂版です。この9ヵ月の間に知り得た情報を盛り込み、一部坂名を追加するなど手直ししました。「坂」から見た金沢の側面です。

コラムを読む

地勢の変化と坂の名 ― 「坂道出典年表」改訂Ⅱ

地勢の変化と坂の名 ― 「坂道出典年表」改訂Ⅱ

旧四高生が名付け親というW坂、城づくりの巨岩を運び上げた亀坂、昔からあったような白山坂・二十人坂。それぞれに画期的な出来事があった。年表を手直しするにあたり、もう一度、足もとを見つめる。

コラムを読む

坂の名と地名 ― そのはざまで考える

坂の名と地名 ― そのはざまで考える

坂学会の「金沢巡検」に同行したのは一年前。一行の研究意欲に刺激され、また、加越能地名の会に発表の場を与えられたこともあって、その後「坂道出典年表をつくる」(4月)、「『坂学』を考える―坂学会<俵アーカイヴ>を中心に」(5月)、「先人の足音―金沢の地名と坂」(6月)の三編をまとめた。本稿は集約したものである。

コラムを読む

御参詣坂余話:斜度とは ― 「坂道出典年表」改訂Ⅲ

御参詣坂余話:斜度とは ― 「坂道出典年表」改訂Ⅲ

金沢一の急坂はどこか。『サカロジー』は平均斜度22度の御参詣坂にその栄誉を与えている。じゃあW坂や馬坂はどうなんだ。美術の小径に続く坂なんて34度だぞ―。目くじらを立ててはいけない。斜度について考えてみる。

コラムを読む

蛤坂「毒消しゃいらんかね」物語

蛤坂「毒消しゃいらんかね」物語

蛤坂の名は、閉ざされていた道が大火のあと一気に開通したことから、あぶられて口を開けた焼きハマグリに例えてつけられた。それまでの妙慶寺坂にとって代わるほどのインパクトがあった。永い間待たされた町人の毒気(憤懣)も匂っている。

コラムを読む

先人の足音 ― 金沢の町名と坂

先人の足音 ― 金沢の町名と坂

坂の名が町名になった町がある。町の名が坂名になった坂がある。町を歩くときの道しるべ(標)でもあった町名と坂名には、地名としての関わりがあった。文化遺産である町名と坂名に先人の足音を聞く。

コラムを読む

「坂学」を考える ― 坂学会<俵アーカイヴ>を中心に

「坂学」を考える ― 坂学会<俵アーカイヴ>を中心に

「坂の研究とはすなわち坂名の研究である」とは、わが国「坂学」研究の先駆け・横関英一氏(1900-1976)の言。俵元昭氏(1929~)は文献から、坂名に「時代別の分類」を加えた。―坂学のいま、について考えた。

コラムを読む

幻と化すか「善光寺」 ― 坂から学ぶ地名考事始め

幻と化すか「善光寺」 ― 坂から学ぶ地名考事始め

「幻の『善光寺』を追う」(2月)のタイトルでその由来を書き始め、番外編の「坂は人と人を繋ぐ」(6月)まで、都合7回にわたって本欄に掲載した善光寺坂。連載を通じて感じたことを加越能地名の会の機関紙「加越能の地名」No46に書いた。

コラムを読む

[AD]