金沢の坂道コラム

<番外編>「昔の木曽坂」について考える

現在の木曽坂

現在の木曽坂


木曽坂と裏門坂は、小立野丘陵の谷あいにある。渓流に沿うように上るのが車も通る木曽坂、左へ上る急な石段が宝円寺(創建1583年=天正11)の墓地につながる裏門坂―というのが現在の姿である。そんな中で、木曽坂の坂標に「その一部は宝円寺の裏門の坂なので裏門坂ともいわれていた」とある。“一部”とされた裏門坂を「昔の木曽坂」(小立野婦人学級1986年度文集『いし曳』)と呼ぶ人がいる。裏門坂が藩政期からあり、木曽坂が昭和の坂であることがあいまいになっている。

表参道

初冬の一日、周辺を歩いた。いし曳によると、昔の木曽坂は麓にある施設の裏にあるという。施設の前は現在の木曽坂、裏には裏門坂が通っている。裏に別の坂があるのかと思い周りを探したが、痕跡らしいものはない。そこから少し上にある無名の石段のことではないか、という人がいた。石段は木曽坂の枝線であるみどり坂と安藤坂の中間にあって宝円寺の境内につながっている。ただ、施設からは100mほども離れていて「裏」というには少々遠い。

無名の石段を下りてくる人に出会った。「昔の木曽坂をご存じですか?」と尋ねてみた。「あぁ、すぐそこですよ」。60代と思しきその男性に案内されたのは木曽坂を逆戻りしたみどり坂だった。「この上です」。指さされた方向に裏門坂がある。みどり坂と裏門坂は坂上でつながっている。やはり昔の木曽坂は裏門坂のことをいうようだ。“裏門”の坂はかつて宝円寺の表参道だった。宝暦の大火(1759年)で類焼、山門が反対側へ移されたために生じた呼称である。


宝円寺の裏口

宝円寺の裏口


揺れる


史料をひもといてみる。藩政後期-明治期前半の様子がわかる金澤古蹟志、稿本金沢市史には裏門坂は出てくるが、木曽坂は出てこない。木曽坂は明治期の姿を映した皇国地誌、加能郷土辞彙に登場する。

皇国地誌は「木曽町」の項で「下百々女木町(現宝町)より西に入る」と書く。現在の木曽坂を指すが、木曽坂の名は示さず裏門坂にも触れていない。裏門坂の呼称は明治4年の戸籍編成で廃され、新たに木曽町の名で町建てが行われたからである。加能郷土辞彙は裏門坂の旧名は「寶圓寺谷」であるとし、その「風致が信濃の木曽路に似ているといふので木曽坂と雅名せられた」と本名裏門坂、雅名木曽坂に振り分けている。寶圓寺谷は木曽谷の旧名と思われるが、範囲は裏門坂周辺に限定されていたかもしれない。ここに出てくる木曽坂は樵道を指す。拡幅される昭和の初めまでは「岐岨路」とも皮肉られた山地の間道だった。

大正期の温知叢誌には木曽坂の表記はなく「木曽谷」がある。その谷が「宝円寺の裏門に通じていることで裏門坂ともいう」とする。皇国地誌の影響が見え、加能郷土辞彙の記述にも沿っている。昭和の地域の地誌である『小立野校下の歴史』、『さきうら』は、木曽坂の説明だけで裏門坂には触れていない。裏門坂を「昔の木曽坂」と呼ぶことと共通するものがある。これら史料から見えてくるのは「裏門坂」→「寶圓寺谷」→「木曽谷」→「木曽坂」という流れである。

高揚感

由来の記述が変化するのは同じ小立野丘陵の八坂に似ている。八坂は樵道がいくつもあったことから名付けられた一帯の総称で、現在の八坂はその中の一つ、宝幢寺坂と呼ばれていた。時の移ろいを経て、宝幢寺が移転したことから宝幢寺坂は八坂になる。木曽谷に目を転じると、拓かれ整ってゆく谷あいの様子は、人びとに高揚感をもって迎えられた。裏門坂は木曽坂ができたことで、呑み込まれ「昔の」ものになる。

宝円寺の丘陵に立つと、眼下の町越しに紫錦台中学校の校舎が見える。指呼の間といっていい距離である。藩政期、道らしい道はこの谷には裏門坂しかなかった。木曽坂ができ、同じ谷に2つの坂ができたことが人の思いに作用した。人情の自然-そんな想いに駆られる風景である。揺れ動く坂名の、一つの過程なのだろう。ならば、裏門坂は裏門坂で、木曽坂は木曽坂でいいのではないか。


谷あいの町の向こうに紫錦台中

谷あいの町の向こうに紫錦台中


あわせて読みたい

かつては表参道だった ― 裏門坂今昔

かつては表参道だった ― 裏門坂今昔

サカロジストの国本昭二先生などは「裏口入学につながる坂のようにも聞こえる」と冗談めかして書き出している。ところがどっこい、昔は表参道という栄光のもとにあった坂なのだ。裏門坂―。どうしてそんなにひっそりした名になったの?

コラムを読む

なぜか 木曽坂 - がん克服のみち

なぜか 木曽坂 - がん克服のみち

その風致が信濃の木曽路に似るという木曽坂。木陰の涼を求めて長い坂の途中にたたずむと、その気配は確かにある。崖の上、向かって左に前田家ゆかりの宝円寺、右に「海抜55m」の紫錦台中学校―。坂名の由来をその辺から探ってみた。

コラムを読む