金沢の坂道コラム

カラミザクラ 開花宣言 ― 兼六園下坂

三分咲きのカラミザクラ

三分咲きのカラミザクラ


兼六園に咲くサクラのうち、開花一番乗りを争っていた上坂のツバキカンザクラと下坂のカラミザクラによる〝春場所〟は20日、昨年につづいてカラミザクラの勝ちで千秋楽となった。

ざっと数十輪、はや三分咲き

金沢市のホームページ「いいね金沢」兼六園花便りの城森順子さんに行司役を務めてもらった今場所。17日までの「つぼみ膨らむ」状態ではツバキカンザクラの優勢が伝えられていた。雨になった19日、形勢は逆転、カラミザクラが体勢をたて直して一気に「ほころぶ」へもっていった。城森さんをして「思いのほか」といわしめたほどのカラミザクラの復調ぶりだった。

ツバキカンザクラも一輪

曇り空の20日、勝敗は決まった。ツバキカンザクラは探して探してようやく一輪。城森さんのいうとおり、一輪だけ気の早いのがいた。薄いピンク色。ほかのつぼみは17日段階とそれほど変わらない「かかえ咲き」寸前の膨らみようだ。
カラミザクラははや三分咲きの様相を呈していた。開花しているのはざっと数十輪。実(サクランボ)をつける花らしく特長ある大きなしっかりした雄しべをピンと張って、灰色の空をほの白くさせていた。勝負あった!―追い詰めたものの、土俵際でうっちゃりの大逆転を食う1950年(昭和25)代の栃錦・若乃花(初代)の熱闘をツバキカンザクラに見た。


ひっそりと一輪 ツバキカンザクラ

ひっそりと一輪 ツバキカンザクラ


「純白で初々しい」と城森さん

「これで決まりネ」と城森さん。カラミザクラに軍配を上げ「純白で初々しい」。城森さんによると、カラミ、ツバキとも2週間ほど咲くが、カラミは少し早いかもしれないという。20日夕は新月。「サクラは新月から満月にかけて咲くのや」といったのは京の桜守、佐野藤右衛門だ。兼六園のサクラはこれから次つぎに花をつけていく。
それにしても、マムシ(栃錦の現役時代のあだ名)とオオカミ(若乃花の下積み時代のあだ名)の闘いは見事だった。こんなこと、山の中でしか見られないと思っていた。サカロジーやってよかったぁー。


あわせて読みたい

兼六園十一坂

兼六園十一坂

国の特別名勝・兼六園の「坂」にスポットをあててみた。史資料に伝わる坂は11ヵ所に上った。よく知られた坂、無名に近い坂。それぞれに人との関わりが色濃くあった。名園と人と坂…、そこがいいんだなぁぁ。

コラムを読む

ツバキカンザクラ ついに満開 ― 兼六園上坂

ツバキカンザクラ ついに満開 ― 兼六園上坂

兼六園上坂(かみさか)の土手に咲くツバキカンザクラが30日、満開になった。ライバルの下坂(しもさか)のカラミザクラより一週間遅れとなったが、独特の〝抱え咲き〟や鮮やかなピンク色がことしも多くの人を魅了している。

コラムを読む

カラミザクラほころぶ - 兼六園上坂下坂

カラミザクラほころぶ - 兼六園上坂下坂

兼六園のサクラのなかで、毎年、開花の一番乗りを競っている上坂のツバキカンザクラと下坂のカラミザクラ。雨の19日、形勢はどう動いただろうか。

コラムを読む

サクラの開花 一番乗りを競う ― 兼六園上坂下坂

サクラの開花 一番乗りを競う ― 兼六園上坂下坂

兼六園で、毎年、開花の一番乗りを争っているサクラがあるのをご存じだろうか?名園の外周・上坂にあるツバキカンザクラと、この坂と金沢城石川門前で接する下坂に咲くカラミザクラである。いま、まさに勝負のときを迎えている。

コラムを読む

カラミザクラ、さくらんぼたわわ ― 兼六園下坂

カラミザクラ、さくらんぼたわわ ― 兼六園下坂

兼六園の外周・下坂(しもさか)にあるカラミザクラの実「さくらんぼ」がたわわに実っている。赤いさくらんぼをびっしり身にまとったサクラは、「実桜」の本領を発揮して、春とは違った風情を辺りに漂わす。

コラムを読む

桜満開♪ 金沢の坂道散策 写真集 2015

桜満開♪ 金沢の坂道散策 写真集 2015

金沢の桜もいよいよ満開。春の陽気と咲き誇る桜に手招きされて、兼六園、金沢城を中心に多くの人がお花見散策を楽しんでいる。坂道脇に咲く桜も坂道の傾斜美を一層際立たせている。たくさん写真を撮ってきたのでとりとめなく掲載する。

コラムを読む

[AD]